サブカルマガジンDEEP-JAPAN

日本の知りたいを掘り下げます。

中学高校の同級生も被害者に!女性結婚詐欺師の手口は!?

f:id:torivian:20200615150338p:plain
婚活など出会いの場で結婚詐欺の被害に遭う方もいるだろうが、まさか学生時代の同級生に結婚詐欺にあうとは夢にも思わないだろう。同級生からお金を巻き上げる女性結婚詐欺師の手口とはいったいどういったものなのだろうか。

「昔の同級生に言い寄ってお金引っ張ってるんですよ」
おっとりした口調でとんでもないことを話し出したのは都内に住む久松サキさん(仮名)、今年の夏で25才になる若奥さんだ。ゆるくウェーブのかかった栗色の髪を肩まで伸ばし、涼やかな目元で微笑む姿は小柄な松たかこといった風情。詐欺師のイメージからはほど遠い。
3年前に2度目の結婚をし、「家にいてくれれば家事も何もしなくていい」とプロポーズしたご主人が、毎月パチンコ代まで渡してくれる.そんな恵まれた生活を送りながら、一方で悪い金儲けに勤しんでいるという。
「中学出てから水商売や風俗を渡り歩いてきたから、何もしないでいるともったいなくて」
一昨年までホテトルに精を出し、ホストクラブに入れ込んできたという彼女が見つけたスリリングなヒマ潰し.それが結婚詐欺だ。

仕事師なんて言われるほど大層なもんじゃなくて、ちょっとお金もらってるだけ。足かけ2年で、いくらかな。現金はトータルでも300万ぐらいじゃないかしら。あとは車に指輪、服とか炊飯ジャーとか、モノが多いんですよ。
きっかけは去年のお正月ごろ、部屋を掃除してたら昔の手紙や住所録が出てきたんですよ。私、親の仕事の関係で中学を5回転校してるから、同級生がいっぱいいるのね。
転校生ってどこでも珍しがられるけど、中単1年のときに半年通った学校は本当に田舎で、都会から来たってだけでめちゃくちゃ、ちやほやされたんですよ。他のクラスの男子が教室に見に来たり、ラブレターを山ほどもらったり。
そのうちナイナイの矢部クンに似たクラス委員のタカシくんを好きになって、つきあうようになったんだけど、カラオケもゲーセンもないような所だから一緒に帰ったり公園を散歩するだけ。交換日記もしたかなぁ。いま思えば可愛いもんだけど、
「男女間で手紙のやりとりをするときはハガキを使用のこと」なんて校則の古くさい挙枝だから、進んだ交際だったんですよ。
でも結局、私がまた転校して自然消滅。私は私で新しく好きなコができちゃって…。
そんなことすっかり忘れてたんだけど昔の年賀状を見たら懐かしくなって電話してみたの。特に理由なんかなくて、ぐりぐり坊主だったタカシくんが、どうなってるかなって、単なる好奇心ですよ。
最初はお母さんが出て冷たい対応なの。こっちの携帯番号を伝えてもリターンがなくて、もう1回かけたら本人が出た。
けど、「久しぶり。元気してた」って言っても、いきなり10年振りじゃ驚くでしよ。だから一応、地元に残った女の子の連絡先がわからなくなっちゃったんで教えて欲しいって切り出したのね。仲がいい同級生とかって何年会わなくても話せば昔の調子に戻るじゃないですか。近況を報告しあった後に「彼女いるの?え、いない。もしかしてあんた童貞なの」
とか聞いちゃったの。そしたら図星だったんだよね。

彼、中学のときは気軽に女の子と遊んでたのに、男子高から理科系大学に行った掌げ句、いまは電子部品の検査をする会社に勤めてるとかで女っ気が全然ないんだって。半分本気で「私があんたの童貞奪ってやる」とか言ったら、まんざらでもない感じだったから片道2時間半かけて遊びに行ったの。
タカシくんは背が伸びてて、まあまあイケてる感じだったかな。
ただ、つぶやきシローみたいな髪型が、いかに童貞って感じで。その日は彼の力ローラでドライブして過ごして、夜、私がホテル取ってないって言ったらラブホに横付けして。「絶対オレは何もし
ないからな」って断りながらも一緒に泊まったわけ。
で、本当に何もしないの。おやすみのキスだけ。もしあんときヤってたら「いい思い出」で終わったと思うけど、不完全燃焼だったから私、意地になっちゃったの。不倫はイヤだっていうから主人
とは別居中だってウソついて、ヒマをみつけては電話をかけた。
っても、私がかけるのは1コールだけ。タカシくんに番号を着信させたらすぐに切って彼がかけ直すのを待つの。毎日、2,3時間話したんじゃないかな。次の週の休みにタカシを上京させてね。私の目的は単にHすることだから、お台場とかデートスポットを連れ回して、夜はニューオータニのスウィート。
さすがにそんときは合体したんだけど、最後までぎこちなくて間違いなく童貞くんって感じ。恥ずかしがってるから「私も結婚するまで処女だったし、主人とももう1年半してない」なんてフってさ。私にしてみればそんなの単なるリップサービスで、目的を達成したから満足って感じだったんだけど、次の日の朝、考えが変わったんだ。
タカシくんがサイフの中身を確認しながら「この辺に郵便局あるかな」って言うの。田舎で10万下ろしてきたのに帰りの電車賃が足りないって。そりゃ、高級フレンチ行ってスイートに泊まったらそれぐらいかかるよね。
私、「あるんじゃない」って言いながら彼がシャワーを浴びに行った隙にバッグを開けたのね。銀行の通帳がポロつと見えたから、いくら持ってんのかなって。そしたらなんと残高が600万あったのよ。
前に給料の話になったとき「オレの貯金額知ったらビックリするぞ」とは言ってたんだ。彼女もいないならそこそこ貯まってるだろうとは思ってたけど、その額はデカイよ。なんかそれ見て思ったわけ。全部、私のものにならないかなって。山の手の若奥さんにしか見えなかったサキさんの口調が、徐々に乱れてくる。
「あ、地が出てきちゃった。今日はお嬢さん路線で行こうと思ったのにな」
聞けば、サキさんの両親は彼女が学生のころに離婚。その後は父親に育てられ、中学を出るやいなや風俗の世界に飛び込み、1人で生きてきたという。
おもむろにタバコを取り出し、パーつと煙を吐き出す彼女。「今の旦那とは友だちの紹介で結婚したの。風俗やったこと?言うわけないじゃん」
改めてサキさんを見れば、そこには男はカモと言い切る女詐欺師がいた。タカシは女慣れしてないから惚れさすのは簡単だった。例えば、Hしたから童貞だったのわかってるけど「本当は何人の子とつきあったのよ」なんてワザと聞くわけ。
経験があったか見破れないウブな女みたいだし、焼きもち焼いてる風で可愛いでしよ。タカシってば「妬いてんの。オレはお前だけだよ」なんて臭いセリフ言い出しちゃってさ。こりやハマったなってなもんよ。
最初は何だったかな。誕生日が近かったんで「プレゼントちょうだい」ってストレートに言ったのかもね。「ヴィトンの安いバッグでいいから」って。
ただ、もらうのはいいけど突然家にモノが増えたら怪しいよね。だから旦那には、昔の同級生と電話友だちになったって事前に報告しといた。田舎のお金持ちの子で、プレゼントするのが趣味の人だって。で、そのコにバッグもらうんだって言ったら、旦那がオレもサイフがほしいなんて言うわけよ。ダメって断って理由聞かれても困るから、とりあえず2人でデパートに行って下見してさ。どうせ600万あるんだし、懐は痛まないだろうからついでに買ってもらっちゃった。
田舎でバッタもんでもつかまされないようヴィトンショップに直行。店員には型番言って商品出してもらった。お金をタカシくんが払ったら今度はハンティングワールドへ。ハンティングのサイフなんて普通メンズだってわかりそうだけど、彼はブランド物なんて知らないからキチっと出してくれた。
普通、Hを1回しかしてないのに20万は使わないでしよ。彼はそういう常識ないんだよね。

「だってしょうがないじゃん。好きなんだからさ」

って言いながらねだると服でも靴でも買ってくれるんだ。そのうちタカシが「結婚したい」って言い出したわけ。結婚してるって言ってるのに別居=離婚みたいに思い込んじゃってる。電話するたび、うちの方じゃ長男は離れを改造して住むのが習わしだとか話すようになっちゃってさ。

まだ残高はあるはずだしフるのはもったいないじゃん。で、「バツイチのお嫁さんなんかご両親や親戚が許してくれっこないでしよ」ってけん制したら、彼、マジで親に話して了解をもらっちゃったの。それで、両親に会ってくれないかって。
やっぱヤバイじゃん。タカシは編せても親を巻き込んじゃったらマズイ。冷静に見られたら私がカモってんのバレちゃうもん。とりあえず菓子折持って挨拶には行ったの。結婚のケの字も口に出さないで、ただ「おつきあいさせていただいてます」ってさ。
一応、それで収まったんだけど、タカシからもっとお金を引っ張るためには、このまま結婚に向かっていったらマズイから、旦那と一緒に住んでるってことを告白したわけ。
「ウマクいってないんだけど、行くとこないしいまはまだ主人と暮らしてる」
そしたら彼、怒るどころか「オレならもっとキミを幸せにしてやれるのに」ってますますのめり込んできて。私、しめしめと思いながら「本当に私を幸せにしてくれるの。じゃあ本気で離婚する方向で考える」って泣いてみせたんだ。
向こうは旦那持ちの女とつきあってるなんて親にも同僚にも言えず、私が離婚するのを待つだけ。その状態で、いろいろ貢がせた。なに言ったかな。とりあえず目分の銀行口座が赤字だったから、
それ埋めようと思って「家を出て1人暮らししたいから引っ越し費用を貸してほしい」って100万もらったでしよ。
けど、そのころは月に2,3回彼が上京してきて会ってたから引っ越さないとすぐバレる。で、今度は

「あなたの田舎で暮らすには車は必需品でしよ。いま乗ってるのは主人名義だから100万払って私のものにしようと思った」なんて、ワケのわかんない言いワケしたのね。そしたら私が本気で結婚を考えてくれてるんだって、感激して車買ってくれたのよ。ディーラーに一緒に行って、私名義で380万のクラウンのマジエスタをキャッシュでポーン(笑)。で、3日後に納車されたんだけど、2台あっても駐車場代がかかるだけじゃん。私ぺーパードライバーだし。だから速攻で中古車やに売っちゃった。新品だったから210万になった。
ちょうどいいことに旦那の車がタクシーにオカマ掘られて事故証明が手に入ったから少しイジって、「ごめん。事故って廃車になっちゃったの」って見せてね。タカシは、うちにも何台かあるから気にしなくていい。お前の身ひとつで来てくれれば、だって。ホントバカだよね。
普通、結婚詐欺師は、身内の借金を返せば結婚できるからと現金をバクるが、サキさんはモノを貢がせる。換金率の高いブランドの服やバッグ、靴に化粧品をねだり、もらう口実さえあれば家財道具までをゲットしてしまう。そして、どうしてもお金がほしいときは最初に「返せない」と明言した上で、少しだけ返済する。
これが逃げ道だと彼女は言う。
サラ金で借りて一銭も返さないで自己破産すると詐欺罪になるでしょ、それと同じ。返そうって気持ちはあってもお金がないって言い訳できるようにしとかないと」
行き当たりバッタリ行動しているようにみえ、実はしっかり計算されている。

どんな言葉を言ってはマズイのか、証拠を残さないよう現金は手渡しでもらうなど、かよわそうな外見の裏で彼女は冷静に判断していたのだ。上京するたび20万、30万って使わせたし、毎月の電話代は600万。車を買ったら600万の貯金は使い果たした計算なんだ。で、彼を切ろうと思ったわけ。
私、かなり悲惨な体験してるんだ。母親が父に借金背負わせて男と逃げちゃってさ、だから中学を出てからいくつもバイトを掛け持ちして働いてきたの。おまけに小さいときは母に虐待され、物心ついたら叔父さんに犯されて。
それを全部話して「こんな私をあなたは幸せにできるの。私はもうお金で苦労したくない」って怒鳴ったわけ。
普通、こんなこと言われたら引くじゃん。どんなにプレゼントもらったって、向こうが逃げて行ったら訴えるも何もない。そう思ったのに、彼は「ボクはキミを放つとけない」って。なんか、自分を悲劇のヒーローみたいに思っちゃったんだよね。
それに、彼は本家の長男で、何年か前に亡くなったおばあさんの遺産をもらったから、まだまだお金もあるんだって。そのことがあってから、もう彼はキャッシングマシーン(笑)遊びに行きたいって言えばお金くれるし、体調が悪いのは水が悪いせいかもしれないってつぶやいたら、20万の浄水器を買ってくれた。

言っとくと、その浄水器は友だちがやってるマルチの商品で、きっちりマージンもらったよ。
他には、電話代がかかるからメールにしようってマック買ってもらったし、ファックスに全自動洗濯機。何かほしくなったら彼を呼べばいいわけ。
私は駄菓子屋に寄って10円のアメを買うときもビター文出さない。結局、1500万ぐらい使わせたんじゃないかな。
彼は私が着信入れないと電話かけてこれないから、だんだん連絡を減らして、いまはもう半年音信不通。

でも「キミが旦那さんとやり直すのが幸せならボクは身を引くから」って言ってたから、本望じゃない。タカシ青年から引っ張る一方で次のカモを物色し始める。彼女が考えた条件は、自分に好意を持つ、純情な男性。もちろんお金持ちであることは大前提だ。あれこれ過去に出会った男たちをチェックしてみると、格好のターゲットがいた。タカシと同じ中学の先誰、ヨシオである。
実家は旅館にレストラン、喫茶店、その他に6つぐらいの会社を経営する大金持ち。サキさんとは部活で知り合い、何度もラブレターをくれた。
同級生を狙うのは、身元がわかっていて安心できるからだ。が、裏を返せばサキさんの連絡先も相手が知っているのでは?
「全国を転々としたし、半年しかいなかった転校生の身元なんてハッキリ覚えてる人いないよ」
彼女は少し寂しそうに笑った。ヨッチャン先輩はひょうきんな人で、何かと私につきまとってきたんだ。家は地元で有名なお金持ちだしカモるにはぴったりなんだけど、高校・大学と地方都市のボ
ンボン学校へ行ったって聞いてたから、スレてる可能性がある。
経験から言って、遊んでる男は簡単には女に貢がないじゃん。けど、そんなの調べようがないからとりあえず実家に電話してみたの。
そしたらいきなり本人が出たわけ。最初は懐かしいって言いながらも不審そうな感じだったけど、私が中学卒業してから地方CMに出たって言ったら「凄え」ってやたら感心するんだ。
そういえば昔からミーハーなヤシだったなって思い出して「モデル仲間だった子から聞いたんだけど、なっちゃんのCMに出てる〇〇は〇〇君とつきあってるんだって」とか適当なことをデッチあげて話したらあいたい」って。
向こうは親の会社で営業やってるとかで時間が取れないから、私が行ったよ。先輩は26才にしておっさん臭いヤツになってたけど、古い旅館に1人暮らし。お金持ってそうなんだよね。
その日は彼が遊び人かどうかチエックするのが目的だったんだけど、ハッキリしないんだ。話から童貞じゃないのはわかったけど、
「何人の子とつきあったの」なんて聞いても「さあね」ってゴマカす。その後も電話したり遊びに行ったりしたけど見極めがつかない。
その間、誘われてもHしなかったんだけど、それがよかったらしいの。1カ月ぐらいして、とりあえずヤってみたら、一気にラブラブモードに入っちゃった。彼、風俗専門だったんだって。
先輩には結婚してるって言ったから編す必要もない。「私、昔からプレゼントってもらったことないんだ。主人は甲斐性ないし」って話したら、ロレックスのホワイ卜をボンって感じでくれんの。
事前に雑誌見せて「こんなのいいね」ってさりげなくアピールはしといたんだけど、ぜんぜん押しつけがましくない。
めちゃ感激したような顔しながら「嬉しいけどこんな高価なモノもらえない」って一応断って、彼にゼヒ受け取ってくれって言わせてからもらった。
ホントの金持ちだったんだよね。だってそれ、ディスカウントショップでも、70万はする時計だよ。それをまるで1万ぐらいのように渡すんだもん。こりゃ、いいお金になりそうだなって思うじゃない。
「ありがとう。ほとんど主人は家に帰ってこないし、離婚しようと思ってるの。でも、離婚して1人になるのが恐いの」
これで彼、引っかかった。
「オレがもらってやるよ」って抱き締めてきたから「嬉しい。本当は昔、あなたのことが好きだったの」ってダメ押し(笑)。ヤリ手の親みたいだから、ご両親にはちゃんと別れてからご挨拶したいのでまだ話さないでって釘刺して、何を買ってもらうか考えてたら、3日後に指輪をくれた。
なんかいっぱいダイヤが散りばめられたデザインリングで、見たことないぐらい光ってんの。本物のだったら何百万もしそうなヤツ。
「離婚しないうちからこんなのもらったらマズイよ◎主人が別れてくれなかったら私たち結婚できないんだから」とりあえず、そう言いましたよ。
そしたら、思ったとおり何でもない顔で「そんな高いもんじゃないし、気に入らなければ売っちゃってもいいから受け取って」だって。
もらったその足で質屋に直行。だって正式な鑑定士なんて知らないからとりあえずいくらになるんだろうと思ってさ。

そしたらおじさん、「本物のダイヤで、台はプラチナですね。300万で買い取りますよ」って言うからビックリ。だって質屋が300万で買い取るって言ったら、元は3倍ぐらいするでしよ。おじさんから取り返して、旦那にも見つかんないようダンスの奥に隠しましたよ。なんか、すぐに換金するのは悪くてさ。
奥ゆかしいのか、それともボンクラなのか、そんな高価なプレゼン卜をくれたのに先輩は押しつけがましいとこがないの。結婚したいとは言うけど、旦那と早く別れるなんて言わないし。それどころか、「旅館のおかみさんになるんだったら社会勉強しないとね」なんて言ったら、これ使いなよってカードを差し出すの。
クレジットカードでもないし、何だろってよくよく見たら××BANKって文字が書いてある。地方銀行のキャッシュカードだったんだよね。この口座にはそんなに入ってないし、オレ使ってないから自由に使えって。
ラッキーって銀行へ行って残高確認したら、いくらあったと思う?890万よ◎でも今日は分厚いステーキでも買おうと引き出そうとした瞬間、名義が目に飛び込んできた。SAWAKO。彼の母親の名前だよ。しばらく悩んだけど、さすがにこれに手を付けたらマズイでしよ。万一のときに言い逃れできないもんね。

で、「必要なときはあなたが下ろして私にちょうだい」って力ードを返した。そしたら彼、
「とりあえずお金がいるでしよ」
ってボンと100万くれたのよ。
たかが2カ月でそこまでする?純真なのはいいけど、もう少し疑えよって感じでしよ。きっとこういう人が編された後で人を刺したりするんじゃないかと思ったら恐くなっちゃって。
離婚しても、私はあなたの重荷になりそうなので今のうちにお別れしましようって、電話1本で別れちゃった。2人の男から盛大に金を引っ張ったサキさんは、ターゲットとなりそうな同級生に手当たり次第、連絡を取る。
その中から3番目の相手に選んだのは、3カ月いた中学で下校途中待ち伏せ、と告白してきたタクヤだ。この女にいつか天罰はくだるのだろうか。